乳酸菌の種類とその特徴

善玉菌のヨーグルト
乳酸菌は体内に入ることによって〝酸〟を生成し、それによって腸のコンディションを整えることがわかっています。
腸は弱酸性を保つことで腸内のウイルスや悪い菌の繁殖を防ぐことができるので、それによって免疫があがるというわけです。
また、体全体の6割の免疫細胞は腸にあると言われており、腸のコンディションを整えること自体が免疫力をキープする秘訣だと言えます。
しかし乳酸菌の種類によってその効能や働きが違うのをご存知でしょうか?ここでは一般的な乳酸菌4つについてその特徴について説明します。

クレモリス菌FC株

カスピ海ヨーグルトに含まれる乳酸菌で、その特徴はなんといっても独特な〝ねばり気〟
カスピ海ヨーグルトを一度食べたことのある人なら分かると思いますが、この〝ねばり〟が体内でも効果を発揮します。
乳酸菌は種類によって他の菌の干渉に弱く、腸まで届かないものもありますが、クレモリス菌はこの〝ねばり〟があることにより、腸まで分解されることなく到達することが分かっています。
効能としてはアトピー性皮膚炎の予防や改善したり、血液中のコレステロール値や血糖値の改善に効果があるとされています。


ビフィズス菌

ビフィズス菌は腸内に入るとオリゴ糖やブドウ糖などを分解し、酸(乳酸、酢酸)を生成します。
腸はコンディションがわるいとアルカリ性になりますが、ビフィズス菌を摂ることによって腸を正常なph値(弱酸性)にもどすことができ、便通や腸のコンディションを整える効果があります。

1073R-1乳酸菌

人間の体内では日々5000個以上の悪性細胞が生まれていると言われていますが、それでもがんにならないのは、そのような悪性の細胞を退治する役割をもつNK細胞(ナチュラルキラー細胞)のおかげだと言われています。NK細胞
このNK細胞の原動力となるのが1073R-1乳酸菌。
この乳酸菌は体内に入ると多糖体を生成しますが、これNK細胞を活性化させます。
また、この乳酸菌は激しい運動によるNK細胞の活性値の低下を防ぐ効果があることが分かっていることから、多くのプロスポーツ選手の注目を集めており、トレーニングで取り入れている選手も多いんだそう。





ガセリ菌SP株

この乳酸菌が他の乳酸菌と違うところは、〝長いあいだ腸にとどまる事ができる〟という点です。
通常乳酸菌は3~7日で死滅してしまいますが、このガセリ菌は90日以上も腸で生きる、いわば住み着くことができるという研究結果があります。
効能としては血中コレステロールを下げる働きがあり、動脈硬化や狭心症、心筋梗塞や脳卒中にも効果があると言われています。