どんな人におすすめ?にんにく酢のにんにく
疲れやすい人や、風邪をひきやすい人、インフルエンザにかかりやすい人などにオススメ。また、効果的にダイエットしたい人やトレーニングによる疲労回復機能を高めたい人にも◎にんにくは酢につけることによって匂いが弱まるので毎日食べたい人にもオススメです。※インフルエンザの怖さはこちらへどうぞ!特にインフルエンザa型はこわいよ

どんな効果があるの?

酢とにんにくはどちらも殺菌作用に優れています。酢にんにくを食べるだけで悪い菌を撃退し、様々な病気を予防できる効果があるので、それだけでも十分体に貢献する〝酢にんにく〟ですが、そのほかにも体にプラスになる効能がたくさんあります。ここではその中でもとくに効果が期待できるものについて説明します。


ダイエットに

体のエネルギーを燃焼する際に必要なのがビタミンB1。にんにくに含まれるアリシンは
このビタミンB1と結合することで、体に吸収されやすくするという性質があるため、にんにくを摂ることでエネルギーの代謝を高めてダイエットにも効果的です。また、ビタミンB1が多く含まれている食材(大豆製品、豚肉、ナッツ類など)と摂ると、より効果的です。

疲労回復+美白効果も?!

酢とにんにくには血液のコンディションを整え、さらさらにする効果があり、それによって体の老廃物が排出しやすくなるため、疲労を回復しやすくしたり、肌や髪などの細胞がターンオーバーしやすくなり、美白効果が期待できます。美肌効果





免疫力アップ+がんを撃退

にんにくにふくまれているアリシンという成分は〝天然の抗菌薬〟と呼ばれるほど、菌の殺菌に効果的です。空気中の雑菌だけでなく、食べ物に付着しているサルモネラ菌や病原酵母などにも殺菌効果を発揮します。また、アリシンにはDATSと呼ばれる成分がふくまれており、アメリカではこのDATSはガンの予防に最も効果のある植物性の有効成分として発表されています。

≪酢にんにくの作り方≫

材料:にんにく3個 / 酢500cc

  1. にんにくの皮をむきます。(根に近い硬い部分は取り除き、薄皮もすべてとります)
    ※この時好みの大きさにスライスしてもOK
  2. 保存瓶ににんにくと酢を入れ、冷暗所で寝かせます。
    (冷蔵庫でもOKですが熟成が遅くなります。)
  3. 1か月ほど寝かせて黄金色になったらできあがり!
    (熟成の過程でにんにくが青っぽくなりますが心配ありません。)

中華料理に使ったり、餃子やカレーの付け合わせに。ペースト状にすればマヨネーズのような食感でたのしめます♪
(関連リンク:http://cookpad.com/recipe/309088)