フコイダンとは、簡単に言うと昆布の〝ヌルヌル〟成分です。こんぶ
最近ではこのフコイダンが持つ抗がん作用などが注目されており、代替療法の可能性の拡大にも期待が高まっています。

フコイダンは昆布が海の中で有害な物質から身を守るための役割を果たしていますが、人間にとっても様々なメリットをもたらします。



癌への効果

ガン細胞というのは、実は健康な人の体の中でも日々生まれていますが、その細胞がすべてガンとして発症するわけではありません。
それは、体内の悪い細胞やウイルスを退治するパトロールの役割をもつ”NK細胞”(ナチュラルキラー細胞)とよばれる細胞が循環しており、ガン細胞やウイルスを撃退しているからなのです。
フコイダンは腸内で多糖体に変わりますが、この多糖体がNK細胞のエネルギー源となり、NK細胞の活性化を助けるため、ガン細胞の抑制に効果があるとされています。女性にっては美容と健康にエクオールがかかせませんが、癌効果まで期待できるフコダインはもっと興味がそそがれますね。※楽天のエクエルを紹介





アトピーアレルギーへの効果

アレルギーの原因は、体にとっての悪い菌などに対する抗体が過剰に生成されることによるものだと考えられていますが、フコイダンはこの抗体の過剰生成を抑え、体の免疫機能を正常にする働きがあるため、アレルギーにも効果的です。

ダイエット効果

フコイダンの”ネバネバ”は水溶性の食物繊維のひとつで、胃に入ると胃壁をカバーして糖の吸収を緩やかにする作用があるため、ダイエットに効果的です。
また、腸内で分解されることで善玉菌を助けて環境環境を整える働きがあるため、便秘の改善にも効果的です。






相乗効果の高い食べ物とは?

おせち

昆布フコイダン+乳酸菌

フコイダンは乳酸菌の働きにより、NK細胞を活性化させるパワーが強くなることが動物実験で明らかになっています。
乳酸菌は味噌や糠などにも含まれていますが、昆布を使った味噌汁や漬物にはより強力な効果をもったフコイダンが含まれていると言えますね。

昆布フコイダン+食物繊維

食物繊維は主に二つの種類に分類されます。
一つはフコイダンなどの水溶性食物繊維で、名前のとおり水に溶けやすく、腸内で分解され善玉菌を増やす作用があります。
もう一つは不水溶性食物繊維。不溶性食物繊維は腸内で水分を吸収してふくらむのが特徴です。

この二つの食物繊維はどちらも腸の働きにとっては大切を果たしますが、理想的な割合としては水溶性:不溶性=1:2だとされています。

昆布フコダインとビタミン

フコダインと同様、ビタミンDにもアレルギーに対する免疫機能を正常に保つ働きがあるといわれています。
また、ビタミンDには消炎作用などもあるため、アトピーなどの皮膚アレルギーを緩和するためにはフコダインと一緒に摂取することで効果が高まります。